ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ

ここでは現在の場所を表しています。

ここからコンテンツ本文です。

ホー ム>2017年11月4日,5日 適正技術フォーラム設立記念国際会議

title
このセミナー・シンポジウムでは、適正技術フォーラムの設立を記念し、世界各国で適正技術分野の活動に取り組む方々をお招きして、適正技術の今日的な意義とその役割、今後の持続可能な社会の形成への展望を論じます。 WEB申込フォーム WEB版パンフレット(2MB)


■日時
2017年11月4日(土)13:30〜17:05(13:00受付開始)
2017年11月5日(日)10:00〜17:30(9:30受付開始)

■会場 JICA地球ひろば
(東京、市ヶ谷)
セミナールーム600 (11月4日)、国際会議場(11月5日)
東京都新宿区市谷本村町10-5(地図) TEL:03-3269-2911
(アクセス)
・JR中央線・総武線 市ヶ谷駅より 徒歩10分
・都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅 A1番/4番出口 徒歩10分
・東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 6番出口 徒歩10分

■定員 1日目80名、2日目100名

■使用言語
1日目 講演:日本語、資料:英語
2日目 講演:英語・日本語、資料:英語(英⇔日同時通訳あり)

■プログラム

【第1日目 2017年11月4日(土)】

13:30-13:45 オープニング
司会:一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事 黒田かをり
13:45-14:30 「エネルギー最小消費型の新規の下水処理技術の開発と展開
―インド、エジプト、日本での実施例―」

 講師:東北大学教授 原田秀樹
14:30-15:15 「『高倉式コンポスト』の技術の開発と普及」
 講師:倉環境研究所代表 倉弘二
15:15-15:30 休憩
15:30-16:15 「途上国の村落向け小規模上水供給システムの開発と普及」
 講師:ヤマハ発動機株式会社 西嶋良介
16:15-17:00 「炭素中立世界でのブータンのリープフロッグ発展の可能性」
 講師:地球環境戦略研究機関顧問 西岡秀三
17:00-17:05 アナウンス


【第2日目 2017年11月5日(日)】

10:00-11:00 「近代技術的要素を活用した革新的適正技術の開発―インドネシアにおける排水処理とバイオマスエネルギー事業の事例から―」
 講師:特定非営利活動法人APEX代表理事 田中直
11:00-12:00 「コミュニティベースの住民参加型技術を用いた貧困の解消―インドネシアにおける水供給、小産業開発の事例から―」
 講師:ディアン・デサ財団ディレクター アントン・スジャルウォ(インドネシア)
12:00-13:00 休憩
13:00-14:00 「技術的公正―持続可能な発展に向けてのテクノロジー・ガバナンスへの挑戦―」
 講師:プラクティカル・アクション元CEO サイモン・トレース(英国)
14:00-15:00 「適正技術を用いた住民のためのエネルギー供給―インドにおける農業廃棄物からのバイオチャー・バイオブリケット生産―」
 講師:ARTI(Appropriate Rural Technology Institute) 代表 M.S.シドヘシュワール(インド)
15:00-15:15 休憩
15:15-16:00 「JICAの国際協力の歩みと適正技術」
 講師:JICA(独立行政法人国際協力機構)理事 加藤宏
16:05-17:10 シンポジウム「持続可能な開発のための適正技術の新たな展望」
 座長:京都大学教授 水野広祐
17:10-17:30 適正技術フォーラム設立記念セレモニー
終了後、懇親会

■講師プロフィール
招待講演者(海外)

サイモン・トレース(英国)
35年以上にわたり、アフリカ、アジア、ラテンアメリカなどで技術協力、国際協力活動に従事。現在はOxford Policy Managementにてプリンシパルコンサルタントを務める。英国のNGO Practical ActionでのCEO任期中(2005年〜2015年)には、提言書“The Poor People’s Energy Outlook”をまとめ、同団体の国際的認知度向上と組織強化に貢献。英国政府の地球規模課題研究基金世界銀行の持続可能エネルギーの規制指標(RISE)諮問グループなどで委員を務める。2016年には、国際協力分野で大英帝国勲章(CBE)を受章。著書に”Rethink, Retool, Reboot: technology as if people and planet mattered” (Practical Action, 2016) など。

アントン・スジャルウォ(インドネシア)
ガジャマダ大学土木工学科卒業。大学在学中からジョクジャカルタのムラピ山麓の村の住民に対する水供給事業を始め、1972年にディアン・デサ財団(Yayasan DIan Desa, Light of the Village Foundation)を設立し、以後、現在まで同団体ディレクター。水供給と衛生、農業による収入向上、高効率調理用ストーブ開発、バイオマスエネルギー、小産業育成等の事業を実施。1983年には、アジアのノーベル賞とも呼ばれるマグサイサイ賞を受賞。1995年からは、日本のNGOであるAPEXと協力し、排水処理やバイオマスエネルギー事業を共同で実施。

M.S. シドヘシュワール(インド)
プネー大学大学院にて理学修士、教育学修士取得後、植物学者として国立の研究所であるIndian Drugs Reserch Association勤務。1997年よりAppropriate Rural Technology Institute(ARTI)に入職し、2002年に同団体の運営委員、2016年より現職。これまでに、インド国内で小規模バイオガス事業、コットンの収量増加事業などに従事。ARTIの研究チームメンバーとして、英国のアシュデン賞(2002年)、インドのジャムナラール・バジャージ賞(2006年)などを受章。現在は、高効率調理用ストーブの開発、貧困地域における栄養失調症対策などに取り組む。
招待講演者(国内)

原田 秀樹(はらだ・ひでき)
1980年〜2006年まで長岡技術科学大学で助手、助教授、教授。89年〜91年の2年間はAIT(アジア工科大学、在バンコク)に勤務。2006年に東北大学に異動。2015年に同大学院工学研究科(土木工学専攻)を定年後、同未来科学技術共同研究センターに異動して現在にいたる。専門は、廃水廃棄物処理、微生物生態学。著書に"Environmental Anaerobic Technology"(Imperial College Press,2010)、『水環境工学』(共著、朝倉書店、1994年)など。

倉 弘二(たかくら・こうじ)
株式会社ジェイペック若松研究所に在籍時の海外技術協力事業を通じ、2004年にインドネシアの廃棄物減量化・資源化プロジェクトにて「倉式コンポスト」を開発。2016年4月に倉環境研究所を設立し、現在はコンポスト技術を中心とする資源循環システムづくりや環境学習など、環境分野の活動に広く取り組む。

西嶋 良介(にしじま・りょうすけ)
ヤマハ発動機株式会社海外市場開拓事業部クリーンウォータープロジェクトグループグループリーダー。1990年同社入社後、1994年に漁業専門家としてJICAオマーンに出向。2000年の西アジア・中近東・CIS担当、2003年のアフリカ担当を経て、2017年より現職。同社に籍を置きつつJICAのプロジェクトなどにも参画し、企業、政府機関双方の立場から途上国の支援に携わる。

西岡 秀三(にしおか・しゅうぞう)
東京大学大学院博士課程修了、工学博士。国立環境研究所理事、東京工業大学・慶應義塾大学教授、地球環境戦略研究機関気候政策プロジェクトリーダーを経て現職。専門は環境システム学、環境政策学、地球環境学。主に温暖化の科学・ 影響評価・対応政策研究に従事。著書に『地球環境がわかる』(技術評論社、2015年)、『低炭素社会のデザイン』(岩波新書、2011年)など。

田中 直 (たなか・なお)
東京大学工学部卒業後、石油会社で石油精製プロセス管理、廃プラスチック再生、バイオテクノロジー、排水処理などの業務に従事する一方、1987年の設立当初からAPEX代表を務め、1999年より専従(代表)となる。理学博士。著書に『適正技術と代替社会−インドネシアでの実践から』 (岩波新書、2012年)、編著書に『転換期の技術者たち』(勁草書房、1989年)など。

加藤 宏(かとう・ひろし)
東京大学文学部卒業後、ハーバード大学ケネディ行政学院にて公共行政修士を取得。1978年JICA(国際協力事業団)入団の後、外務省勤務、総務課課長代理、企画課長、国内事業部長などを経て、2007年4月から国際協力総合研修所長。2008年10月のJICA研究所設立に伴い同副所長、その後2013年4月から研究所長を務める。2013年10月に理事に就任。
シンポジウム座長

水野 広祐(みずの・こうすけ)
1970年代末より、アジア経済研究所において、西ジャワの農村経済を中心とするインドネシア経済研究に従事。民主化以降(1998−)は、労働組合や農民などの住民による組織化と制度変化、リアウ州の泥炭社会などを研究。主な著書に”Catastrophe and Regeneration in Indonesia's Peatlands: Ecology, Economy and Society”(Singapore:NUS, 2016)など。
司会

黒田 かをり(くろだ・かをり)
民間企業に勤務後、コロンビア大学経営大学院日本経済経営研究所、アジア財団勤務を経て、2004年より現職。2010年よりアジア財団のジャパン・ディレクターを兼任。日本のNGO代表としてISO26000(社会的責任規格)の策定に参加。現在、ISO20400(持続可能な調達)、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける「持続可能な調達コード」等の策定にも関わる。


■趣旨

今日の世界は、貧困と格差、環境と資源、頻発するテロと紛争など、多くの困難な問題に直面しており、それらの問題を解決・緩和していく方策が強く求められています。

問題の解決を技術の面から考えると、これまでの、効率・規模・速度の拡大・増大と経済成長を至上の価値とする近代科学技術のあり方の単純な延長上には、持続可能な未来を描くことはむずかしいのではないでしょうか。

適正技術は、これまでさまざまな含意を込めて語られ、実践されてきましたが、概して、それぞれの地域(とりわけ「途上国」)の社会的・経済的あるいは文化的条件に即し、住民が参加しやすく、そこにおけるニーズを効果的に充たす技術を指しています。ところが、適正技術には、その概念が生まれた当初から、近代科学技術がもたらす環境・資源や労働疎外などのさまざまな問題を念頭に、それらの問題を乗り越える代替的技術という意味もこめられていました。

これまで、途上国向けの技術というと、安価で簡素だけれども劣位な技術、遅れた技術、伝統技術への回帰等ととらえられ、限られた場面に使われるマイナーなものと認識されがちでした。しかし、適正技術を、上の二つの含意を統合したものとしてとらえると、それは、世界の大多数を占める人々のための技術であり、かつ豊かで持続可能な世界を実現する技術であって、今後の望ましい世界の扉を開く鍵になるものです。決して、「安価だが劣位な技術」等ではなく、必要に応じて、高度な近代科学技術的要素も生かされていくべきものです。また、今後の先進国がめざすべき技術の転換とも動的に呼応していく技術体系であることはいうまでもありません。問題解決〜代案提起型の活動には、多くの場合適正技術が必要となり、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも欠かせません。

そのようなことから、適正技術の研究・開発・実践に取り組み、あるいは関心を持つ方々がセクター横断的に集い、意見・情報を交換して、適正技術の開発・普及を協力して進めていくためのプラットフォームとして、適正技術フォーラムを発足させたいと思います。それは、これからの世界の望ましい技術のあり方や、国際協力のあり方を論じていく場にもなるはずです。このフォーラムの設立を記念し、適正技術の今日的意義とその役割、今後の展望を論ずるべく、国際会議を開催します。



■主催 適正技術フォーラム準備委員会
伊藤道雄    特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21代表理事
牛山泉    足利工業大学理事長・名誉教授
北脇秀敏   東洋大学教授・副学長
黒田かをり 一般財団法人CSOネットワーク 事務局長・理事
田中直    特定非営利活動法人APEX代表理事
西岡秀三    公益財団法人地球環境戦略研究機関研究顧問
根本泰行    アディスアベバ科学技術大学教授・理工学部長
原田秀樹   東北大学教授
堀尾正靱   東京農工大学名誉教授
水野広祐   京都大学教授

■共催・事務局
特定非営利活動法人APEX

■呼びかけ賛同人
大橋正明  聖心女子大学教授・特定非営利活動法人国際協力NGOセンター理事
谷山博史  (特活)国際協力NGOセンター理事長・(特活)日本国際ボランティアセンター代表理事
中岡哲郎  大阪市立大学名誉教授
西川潤    早稲田大学名誉教授
古沢広祐   國學院大学教授・特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター代表理事
見田宗介  東京大学名誉教授
吉岡 斉   九州大学教授

■後援 (2017年10月4日現在)
外務省
毎日新聞社
特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)
特定非営利活動法人開発教育協会(DEAR)

■賛同団体
 (2017年10月4日現在)
特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)
一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク
特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
株式会社コープクリーン
一般財団法人CSOネットワーク
特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会
特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
特定非営利活動法人ブリッジ エーシア ジャパン

■参加費
一般:1日目1,500円、2日目2,000円、両日通し券3,000円
学生:1日目1,000円、2日目1,000円、両日通し券1,500円
懇親会3000円(場所=JICA地球ひろば内レストラン)
※参加費は当日会場にて申し受けます

■お申込方法
本ウェブサイト上の申込みフォーム にご記入の上送信下さるか、メールまたはFAXにて「適正技術フォーラム国際会議参加希望」と明記の上、お名前、ご連絡先(メールまたはFAX)、ご所属(任意)、一般または学生の別、参加希望日、懇親会出欠をお知らせ下さい。なお、一日のみの参加も可能ですが、今回の会議の意義を十分ご理解いただくため、両日の参加をお薦めします。

■お問い合せ先
特定非営利活動法人APEX (担当:塩原、三木)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org


ここから下部メニューです。

Copyright (C)2013 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地 図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックス FAX:03-3875-9306 / 電子メール E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。