ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ

ここでは現在の場所を表しています。

ここからコンテンツ本文です。

ホーム>フィリピン国際セミナー2021


 WEB版パンフレット(1MB)


■日時
2021 年 6 月 17 日(木) 10:00-12:00(フィリピン時間、日本時間11:00-13:00)

■会場 オンライン
(Zoom)


■使用言語
英語

■プログラム

10:00−10:05 オープニング
10:05−10:35 「持続可能な開発のための適正な技術選択に関する包括的フレームワーク−アジア地域に適合的な革新的排水処理システム」
 講師:特定非営利活動法人APEX/適正技術フォーラム代表理事 田中直
10:35−10:55 「土着技術からデジタル技術まで−持続可能な開発のための実用的技術の選択」
 講師:The Philippine Rural Reconstruction Movementアドボカシーディレクター 
     
レベッカ・マライ氏
10:55−11:20 「ソーラーシェアリング−農業と太陽光発電の相乗的コンビネーション」
 講師:
合同会社AgroKraft代表社 近藤恵氏
11:20−11:40 「コミュニティベースの再生可能エネルギーシステムとフィリピンにおける適正な技術選択」
 講師:Sibol ng Agham at Teknolohiya代表 エストレーラ・カタラータ氏
11:40−11:57 質疑、ディスカッション
11:57−12:00
クロージング


■趣旨
 今日、多くの「開発途上国」は、近代化を進め、 経済成長をはかって、「先進国」に近づいていくことを目指していると思われます。しかし、今日の世界を持続不可能なものにしているのは、まさにこれまでの 「先進国」の発展のあり方に他なりませんから、「先進国」は、これまでの発展のあり方と技術体系を大きく転換していかなければならず、「開発途上国」は、 これまでの「先進国」の発展パターンとは異なる、持続可能な発展をなしとげていくことが切に望まれます。
 この国際セミナーでは、2019年 12月に発信を始めた〈持続可能な開発のための適正な技術選択に関する包括的フレームワーク〉を手がかりに、水処理・再生可能エネルギー・農業・デジタル 技術分野での事例を示しながら、フィリピンにおける適正な技術選択とオルターナティブ(代替的)な開発について議論します。


■主催 特定非営利活動法人APEX

■共催 The Philippine Rural Reconstruction Movement(PRRM)
     Sibol ng Agham at Teknolohiya(SIBAT)

(このイベントは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。)

■参加費
無 料

■お申込方法
下記のWEBサイトからお申込みいただくか、下記事務局にメールにて、フィリピン国際セミナー参加希望と明記の上、お名前とメールアドレスをお知らせ下さい。
https://atfj.jp/comprehensiveframework/registrationform/

■お問い合せ先
特定非営利活動法人APEX (担当:ジェンキンソン 陽(みなみ))
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ここから下部メニュー です。

Copyright (C)2013 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックス FAX:03-3875-9306 / 電子メール E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。