ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 海外での活動

APEXの最新の動きをお伝えするブログ「アパ・カバール?」
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ここからコンテンツ本文です。

ディアン・デサ財団の復興支援活動(6月7日〜)

2. 井戸の修復

地震で壊れてしまった井戸
地震で壊れてしまった井戸

 今回の地震により、井戸も大きな被害を受けています。瓦礫が入ってしまったり、泥が湧き出したり、枯れてしまったりと被害の様相も程度もさまざまです。ディアン・デサ財団(YDD)では、バントゥル県とスレマン県の6つの地域の1000本の井戸を修復する作業にとりかかっています。事前調査の結果、被害の程度で分類すると、軽微なもの40%、中間的なもの30%、深刻なもの30%といった割合で、それぞれ4600円、1万円、2万5千円ほどの修復費がかかるそうです。

 井戸の修復は、まず井戸の中の泥や瓦礫を取り除いて掃除した後、支柱や排水溝などを整備(改修)する、という2段階で行っています。材料をYDDが提供し、YDDの技術指導の下、住民自身が工事を行うという形をとっているそうです。また、現在のところ、井戸の掃除は5台のポンプを使用して、1日30〜40本ぐらいきれいにしているそうです。
 10月16日時点で、3,981本の井戸の掃除が終了し、そのうち約1,900本が改修まで終わっています。井戸の修復活動は、現在取り掛かっている井戸が改修まで終われば終了するとのことです。

井戸の中の泥水を吸いだしているところ勢い良く吐き出される泥水
(左)井戸の中の泥水を吸いだしているところ、(右)勢い良く吐き出される泥水

新しく整備された井戸とMCK修復された井戸からの水
(左)新しく整備された井戸とMCK、(右)修復された井戸からの水


ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。