ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 国内での活動

スタッフ日記
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホーム国内での活動>「開発とNGO」研究会 シェア

ここからコンテンツ本文です。

2015年度「開発とNGO」研究会(終了しました)

研究会の趣旨

  APEXの「開発とNGO」研究会は、今日の世界や、そこにおける問題の構造を深く洞察し、また現状の問題に対する代替案を提起しているような本をテキストとして、その本の内容や読んで感じたこと、考えたことを、参加者で自由に話し合うものです。それを通じて、NGO活動等の基盤となるような世界観を形成していくことをめざしています。

シリーズ《日本の持続可能な未来を考える》

過疎化〜限界集落化、少子高齢化、貧困と格差、福祉の崩壊、膨大な債務など、日本国内の問題がとみに深刻化しています。 国際協力の世界では、今後の持続可能な世界を形成していく視点が欠かせませんが、私たちの足元の日本社会が、いかにして持続可能な社会たりうるのかにも強 い関心を持たざるを得ない状況です。2015年の開発とNGO研究会では、そのような問題関心に呼応する、さまざまな理論的あるいは実践的営みに学びなが ら、これからの日本の望ましいあり方を考えます。

第1回 2015年5月31日(日) 15:00-17:45 会場:JICA東京(詳細
〈社会的共通資本をめぐって〉
テキスト 宇沢弘文社会的共通資本』岩波新書、2000年
副読本 宇沢弘文『経済学は人びとを幸福にできるか』東洋経済新報社、2013年
第2回 2015年6月28日(日) 15:00-17:45 会場:JICA東京(詳細
〈共生経済への道〉
テキスト 内橋克人『共生経済が始まる』朝日文庫、2011年
副読本 内橋克人・宇沢弘文『始まっている未来−新しい経済学は可能か』岩波書店、2009年
第3回 2015年8月2日(日) 15:00-17:45 会場:JICA東京(詳細
〈地域づくりの実践に学ぶ
テキスト 大江正章『地域の力―食・農・まちづくり』岩波新書、2008年
副読本 黒野伸一『限界集落株式会社』小学館、2013年 
第4回 2015年9月6日(日) 15:00-17:45  会場:JICA東京(詳細
〈「里山資本主義」を考える〉
テキスト 藻谷浩介、NHK広島取材班『里山資本主義―日本経済は「安心の原理」で動く』角川oneテーマ21、2013年
副読本 小田切徳美『農山村は消滅しない』岩波新書、2014年
第5回 2015年10月25日(日) 15:00-17:45  会場:JICA地球ひろば2F大会議室(詳細
新しい豊かさの構想〉
テキスト 広井良典『人口減少社会という希望−コミュニティ経済の生成と地球倫理』朝日選書、2013年 
副読本 広井良典『定常型社会−新しい「豊かさ」の構想』岩波新書、2001年



これまでのテキスト

2014年 シリーズ《成長に依存しない社会をめぐって》
2013年 シリーズ《世界史の中の近代技術》
2012年 シリーズ《これからの技術を考える》
2011年 シリーズ《貧困の構造とその克服》
2010年 シリーズ《代替社会を考える》
2009年 シリーズ《環境・エコロジーの古典を読む》
西川潤   『人間のための経済学 −開発と貧困を考える−』
見田宗介 『現代社会の理論 情報化・消費化社会の現在と未来』
中田正一 『国際協力の新しい風 −パワフルじいさん奮戦記−』
暉峻淑子 『豊かさとは何か』
暉峻淑子 『豊かさの条件』
見田宗介 『社会学入門 −人間と社会の未来−』
加藤博   『「イスラムvs.西欧」の近代』
猿谷要   『アメリカよ、美しく年をとれ』
水野和夫 『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』
中岡哲郎 『日本近代技術の形成−“伝統”と“近代”のダイナミクス』
半藤一利 『昭和史 1926-1945』
広井良典 『定常型社会―新しい「豊かさ」の構想』
広井良典 『持続可能な福祉社会―「もうひとつの日本」の構想』
アマルティア・セン『貧困の克服−アジア発展の鍵は何か』
アマルティア・セン『人間の安全保障』
水野広祐 『インドネシアにおける新たな発展の方向をもとめて』


ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286/ ファックス FAX:03-3875-9306 / 電子メール E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。