ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 国内での活動

アパ・カバール?
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホー ム国内での活動>公開 セミナー(東京)

ここからコンテンツ本文です。

第194回APEXセミナー/第1回適正技術フォーラム研究会

インドネシアの泥炭地回復と適正技術
講師:京都大学教授 水野広祐
お申込フォームはこちら(適正技術フォーラムHP)

東南アジア、特にインドネシアの低湿地では、地球上の土壌炭素の約20%が蓄えられているとも言われる広大な熱帯泥炭地が存在します。しかし、1990年代以降のプランテーション開発による大規模な排水等により、地下水位の低下や乾燥化による土地の劣化が急速に進行しています。これにより、火災の頻発、森林の減少、微生物分解の進行などによる大量の温室効果ガスの放出と、煙害による住民の健康被害が大きな問題となっています。

今回のセミナーでは、2008年からスマトラ・リアウにおける泥炭復興の実践研究に従事する水野氏より、住民の生活向上とも両立させながら進められているインドネシアの泥炭地回復の取り組みと、公正な土地権の確立など地域住民の要求に基づく、地域に根ざした住民参加型の技術の活用について話を伺います。


<日時> :2018年3月10日 (土)  14:30〜17:15 (14:00受付開始)

<会場> JICA 東京国際センター セミナールーム201

〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-5
  <会場アクセス>
  京王新線 幡ヶ谷駅下車(南口より) 徒歩8分、
  地下鉄千代田線 代々木上原下車(西口より) 徒歩12分
  <地図>http://www.jica.go.jp/tokyo/office/access.html

<参加費> APEX・ATFJ会員:300円 一般:800円

講師:京都大学教授 水野広祐

1970年代末より、アジア経済研究所において、西ジャワの農村経済を中心とするインドネシア経済研究に従事。民主化以降(1998−)は、労働組合や農民などの住民による組織化と制度変化、リアウ州の泥炭社会などを研究。主な著書にCatastrophe and Regeneration in Indonesia's Peatlands: Ecology, Economy and Society(Singapore:NUS, 2016)、『インドネシアの地場産業―アジア経済再生の道とは何か』(京都大学学術出版会2005)など。

主催> 特定非営利活動法人 APEX

<お申し込み>
ウェブサイト上のセミナー申し込み用フォームから参加登録されるか、メール、電話またはFAXで、第192回APEXセミナー参加希望と明記の上、お名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。

<お問い合せ/お申し込み先>
  特定非営利活動法人 APEX 
  〒110-0003台東区根岸1-5-12井上ビル
  TEL:03-3875-9286 FAX:03-3875-9306
  E-mail:tokyo-office[at]apex-ngo.org (担当:塩原、三木)

お申込フォームはこちら(適正技術フォーラムHP)


団体案内

APEXとは
基本方針/適正技術
事務所案内

プロジェクト案内
排水処理プロジェクト
バイオマスエネルギープロジェクト
適正技術人材育成研修
「開発とNGO」研究会
スタディーツアー
APEXセミナー


ご支援・ご参加下さい
会員になる
寄付をする
ボランティア活動に参加する

ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地 図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックス FAX:03-3875-9306 / 電子メール E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。